人身事故の診断書

未分類

診断書人身事故に合って慰謝料を請求する場合には医療機関からの診断書が必要になってきます。診断書を書くことは医師だけの権限ですので、弁護士にそれを代行してもらうことはできないのですが、医師は病気の内容についての記載を診断書に記入することには慣れていますが、実際にどのような診断書を作成すると慰謝料の請求に有利になるかは把握してはいないものです。もちろん医学的に嘘を書くことは法律で禁止されていますので、それを弁護士が医師に依頼することはありません。

このような場合には弁護士を介して、診断書の作成についてのリクエストを担当の医師にお願いすると良いでしょう。特に後遺障害がある場合には、診断書の内容によってその等級が大きく左右してきますので、弁護士のアドバイスを元に診断書を慎重に作成していくことが必要になります。その他、医療関連の証明書を作成する場合にも全て弁護士に相談してから、証明書を作成していくようにすると良いでしょう。なかなか、患者の立場で証明書について担当の先生にお願いするのは難しいかもしれませんが、弁護士であれば法的な観点から担当に先生に依頼をしますので、失礼の無い形で証明書を作成することが可能になるはずです。