人身事故の費用

未分類

交通事故の慰謝料の請求の代行を弁護士に依頼した場合には、弁護士費用が必要になってきます。弁護士費用の主なものは以下の通りです。すなわち法律相談料、着手金、報酬金、日当、実費となります。

お財布法律相談料の目安は30分5000円と考えておくと良いでしょう(初回は無料である場合が多いものです)。着手金は10万円前後と考えておいで良いでしょう。しかしながら、着手金については無料というような弁護士も増えて来ています。報奨金は実際に請求する慰謝料の金額に対して一定の割合を掛けた額となります。日当は慰謝料の案件が片付くまでにかかった日数によって決まってきます。一日あたり3-5万円と考えておくと良いでしょう。このほかに、手紙や証明書などを作成するのに必要な実費も必要となります。

このような弁護士費用を支払ってもそれ以上の、慰謝料の増額が見込めることが多いのですが、あらかじめ弁護士と相談して見積もりを用意してもらうと良いでしょう。人身事故ではなくて物損事故だけの場合には、必ずしも弁護士に代行を依頼する必要はありません。また、自分が加入している自動車保険に弁護士特約が付いている場合には、弁護士費用は全て保険から支払われますので、費用の事は心配しなくてよくなります。