人身事故の後遺障害

未分類

人身事故の後遺障害に関する慰謝料の請求が必要な場合には、弁護士に代行をした方が良いでしょう。保険会社は基本的に営利団体ですので、必ずしも被害者に絶対に有利であるとは限りません。物損などの費用などは、変動させることができないのですが、後遺障害の慰謝料は等級が決められ、それに基づいて慰謝料が支払われることになります。当然のことですが、慰謝料の額を保険会社は減らそうとしますので、弁護士に交渉してもらい、損をすることが無いようにした方が良いでしょう。

入院また、入院期間が長期に及ぶ場合も弁護士に代行をいらした方が慰謝料を高くすることが可能になります。どのように保険会社と交渉すれば良いかについてのノウハウを弁護士は熟知していますので、慰謝料を増やすことが可能になるのです。

人身事故の場合に、仮に被害者がお亡くなりになっている場合には、しかるべき親族が慰謝料の請求をすることができますので、その点も留意しておくと良いでしょう。慰謝料の請求に関して不明の点がある場合には何でも弁護士に相談してみると良いでしょう。

慰謝料の額はいったん被害者と保険会社の間で合意がなされてしまうと、その後は弁護士が介入することができなくなりますので、注意が必要です。